ようこそゲストさん

駒場図書館News

2017/06/16(金) 7/5(水)開催!情報探索ガイダンス「はじめよう!RefWorks」「はじめよう!Mendeley」

2017/06/16 9:48 駒場図書館

7/5(水)開催!情報探索ガイダンス「はじめよう!RefWorks」「はじめよう!Mendeley」

駒場図書館では、本部情報基盤課学術情報リテラシー担当との共催で情報探索ガイダンス「はじめよう!RefWorks」「はじめよう!Mendeley」を開催します。
komaba201706_07.png

*6/29(木)「論文準備ここからスタート in 駒場」のご案内は以下をご覧ください。
http://lib.c.u-tokyo.ac.jp/news/0539

日時

7/5(水)
12:20-12:50 はじめよう!RefWorks
13:30-14:00 はじめよう!Mendeley

※各回定員7名
※障害がある方で会場設備等に配慮が必要な方は事前にご連絡ください。

会場

駒場図書館2Fグループ学習室 
※備付PC(Windows)で実習します。
※予約不要です。開始時刻の少し前に2Fグループ学習室にお集まりください。

参加資格

東京大学ご所属の方

内容

30分のミニ講習で、文献管理ツール「RefWorks」「Mendeley」を実習します。
文献情報のラクラク管理、参考文献リストの自動作成で論文執筆時間を節約しましょう。

各文献管理ツールの違いについては、比較表(※学内者向け:学内アクセス限定)をご覧ください。

はじめよう!RefWorks

文献管理ツールは初めての方はRefWorksがお勧め!日本語に強い!
※6/29(木)開催の情報探索ガイダンス「論文準備ここからスタート!」で行うRefWorks実習と同内容です。

RefWorksは、東京大学の学生・教職員が無料で使えるWeb版の文献管理ツールです。
RefWorksを使うには?
読んだ論文、興味を持った本、新聞記事の情報をRefWorksにためて整理しておくことができます。
レポートや論文を書くときに論文の末尾につける参考文献リストを自動で作成できます。
論文執筆はまだまだ先という方にも「自分が読んだ本や論文」のMyデータベースを作成できるのでお勧め!

はじめよう!Mendeley

東京大学機関版も使えます!PDFの管理に困っている方必見。

「Mendeley」は、所属に関係なく卒業しても使える無料の文献管理ツールです。
Mendeleyを使うには?
文献情報を保存・管理し、参考文献リストを自動作成できます。
東京大学では機関版が使えるようになりました。

問い合わせ・連絡先

駒場図書館情報サービス係 03-5454-6100(内線46100)cill*lib.c.u-tokyo.ac.jp
駒場図書館参考調査・相互利用カウンター(平日9:00-17:00)
メール送信時には、*は@に置き換えて送信
電話でのお問い合わせは、平日9時〜17時にお願いいたします。